ホーム » お知らせ » 山本有二衆議院議員が「ナショナルミニマムとしての四国新幹線」の旗を振ります。

山本有二衆議院議員が「ナショナルミニマムとしての四国新幹線」の旗を振ります。

第10回目として、自民党四国ブロック新幹線PT座長の山本有二氏(衆議院議員)に登場していただきました。テーマは「ナショナルミニマムとして四国新幹線は必要だ」。着工すれば10年で完成できるという。財源問題は財投や民間資金の活用などを組み合わせてクリアしたいと意欲を見せます。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です